トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

dynamicmodels

トップページ(https://rhasumi.net)

『動学マクロ経済学へのいざない』サポートページ

蓮見 亮(著)『動学マクロ経済学へのいざない』、日本評論社、2020年 Amazon

2013年ごろより掲載していた「講義ノート:動学マクロ経済学入門」を一部加筆修正のうえ2020年3月に日本評論社から単行本として刊行しました(Kindle版あり)。

Rプログラムの実行方法

 Rのインストール

  • CRANよりインストーラがダウンロードできるので、インストーラの指示に従ってインストールする
  • nleqslvというパッケージを用いるので、インターネットにアクセス可能な状態で、Rコンソール上で
install.packages("nleqslv")

というコマンドを実行する

 Rプログラムの実行

方法は2通り

  • 簡単なのは、プログラムファイルをエディタで開いて全文コピーし、Rコンソール上にペーストする
  • 上記を一行コマンドで実行したければ、setwd() 関数で作業ディレクトリをプログラムファイルがある場所に指定した後、
source("programname.R")

というコマンドを実行する(programname.Rの部分は、実行したいプログラムに応じて変更する)

Dynareプログラム(modファイル)の実行方法

 OctaveとDynareのインストール

  • まず、DynareのページからDynareのインストーラがダウンロードできるので、インストーラの指示に従ってインストールする
  • 次に、インストールしたDynareの指定するOctaveのバージョンに合わせて、GNU OctaveのページよりOctaveのインストーラをダウンロードし、インストーラの指示に従ってインストールする
    • MATLABがインストールされていれば、Octaveは不要

 Dynareプログラム(modファイル)の実行

詳しくはDynare の使い方について参照

Octave/MATLABの起動後、

1. Dynareにパスを通す(addpathコマンド)
(例)

addpath C:\programs\dynare\4.5.7\matlab

2. modファイルのある場所を作業フォルダとして指定(cdコマンド)
(例)

cd 'C:\Documents and Settings\USERNAME\My Documents\dynare'

3. dynareコマンドで実行
(例)

dynare RBC_det